ecサイトがこれから生き残っていくために必要な要素とは? ─《ECハニカム》─

UXデザインの世界に《UXハニカムという評価方法がある。

2004年にPeter MORVILLE氏が提唱した、「UXを構成する7つの要素」のこと(こちらが初出?)なのだが、今回はそれをベースに《ECハニカム》なるものを考えてみた。

f:id:tomoyastipo:20180616100318j:plain

User Experience Design より引用

 

《ECハニカム》とは

まず《ECハニカム》とはなにか? ということだが、「ecサイトがこれから生き残っていくために備えるべき7つの要素」といったん定義する。

f:id:tomoyastipo:20180616172514j:plain

各要素について説明していこう。

 

1.Reason

中心にあるのは《Reason》「このecサイトで買うべき理由があるのか?」である。他の6つの要素をすべて備えることではじめて成り立つもの、と位置づけた(なので色が濃い)。

 

2.Concept

Reasonを生み出すためにまず必要な要素が《Concept》である。「コンセプト」は日本語に訳すと「概念」であり、辞書的には「ある事物の概括的で大まかな意味内容」を意味するが、ここでは「このecサイトだけが持つ世界観」といささか大仰にしている。

 

3.Product

コンセプトが反映された商品やサービス。ちゃんと「形」に落とされているか、ということ(サービスは多くが「無形」だがあくまで意味合いとして)。

 

4.Narative

コンセプトには当然ながらそれを生み出すに至った「背景」や「物語」がある。StoryやContents、Backgroundなど当てはまりそうな英単語はいくつかあるが、個人的には一方通行感の比較的弱い《Narative》が良いかなと思う。

 

5.Design

ここで言う《Design》とはいわゆる「見た目」ではなくて、「問題解決」を意味する。Wikiには「具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現すること」との記載があるがまさにそれに近く、そのecサイトで扱われる商品やサービスは、ユーザーの問題解決(あるいは願望実現)につながるものである(と、理解される)。

 

6.Reliance

土台にあるのは《Reliance》「信頼感」である。どんなに立派なことを訴えていても(見た目の)デザインがオシャレでカッコよくても、「なんか怪し」ければ敬遠されちゃいますよね、という単純な理屈。

 

7.Community

Communicationと悩んだけど、「場」の概念を盛り込みたくて《Community》にした。ユーザーとつながる「場」や「機会」があるか、あるいは設けているか。

---

うーん、MECEではないしまだまだブラッシュアップが必要そうだけど、今日のところはこんな感じで。